■収蔵品情報
山越阿弥陀図
拡大

写真番号:170801_AL_0070
カラー種別:カラー
その他の画像

作品名 山越阿弥陀図
指定 国宝
作者
日本
時代 鎌倉
世紀 13世紀
西暦
種類 絵画(A)
形式 1幅
材料 絹本著色
寸法 縦120.5cm  横80.5cm 
賛者
所蔵者 京都国立博物館
寄贈者
銘文/印章等
台帳番号 A甲282
解説文 来迎印(らいごういん)を結ぶ斜め向きの阿弥陀如来が山の彼方に上半身をあらわし、左右に観音・勢至(せいし)・地蔵・奏楽する菩薩を従える来迎図である。地蔵を除く諸尊の肉身には金泥を用い、着衣には截金文様(きりかねもんよう)をほどこす、いわゆる皆金色(かいこんじき)の表現である。銀泥の雲はおだやかな運動感を感じさせ、やまと絵風の山水表現ともども、興趣の深い画面を作り上げている中尊の胸と右掌には小さな絵絹の欠失があり、かつて五色の糸が結びつけられていたとみられる。
お探しの画像が、一括資料、連作の可能性がある場合、個別の作品名称で出ないことがあります。台帳番号で改めて検索を行うと作品の全画像が出ます。