■収蔵品情報
梅花老屋図
拡大

写真番号:290-7120
カラー種別:カラー
その他の画像

作品名 梅花老屋図
指定
作者 帆足杏雨
日本
時代 江戸
世紀
西暦
種類 絵画(A)
形式 1幅
材料 絹本著色
寸法 縦171.1cm  横71.5cm 
賛者
所蔵者 京都国立博物館
寄贈者 藤原忠一郎
銘文/印章等 「慶應丙寅春一月望後二月製梅花老屋図併題幽居四時雑咏首之一豊後杏雨村*者帆足遠」 白文方形「*遠之印」 朱文方形「杏雨*画」 白文方形「半農」
台帳番号 A甲90
解説文 杏雨(1810~1884)は、豊後出身の南画家で、同郷の田能村竹田に師事して、画風も竹田に似た細緻な表現の山水図が多い。史詩を帆足万里や頼山陽に学んだ。
幕末文人画のひとりの典型的な人物といってよいであろう。
お探しの画像が、一括資料、連作の可能性がある場合、個別の作品名称で出ないことがあります。台帳番号で改めて検索を行うと作品の全画像が出ます。