■収蔵品情報
五彩花籠文盤(南京赤絵)
拡大

写真番号:378-9603
カラー種別:カラー
その他の画像

作品名 五彩花籠文盤(南京赤絵)
指定
作者
中国
時代 明~清
世紀 17世紀
西暦
種類 陶磁(G)
形式 1個
材料 磁製平皿形
寸法 高4.0cm  口径20.2cm
賛者
所蔵者 京都国立博物館
寄贈者
銘文/印章等 底に「大明成化年製」銘あり
台帳番号 G甲343
解説文 南京赤絵とは、中国明時代末期から清時代初期にかけて景徳鎮の民窯系の窯で焼かれた色絵磁器。ただし、明時代末期の天啓・崇禎年間(1621~44)のものは、天啓赤絵と呼ばれ、南京赤絵とは区別されることもある。南京赤絵という呼び名は、中国の明王朝の都が南京にあったことから、中国から輸入された色絵(五彩)磁器を指すことに起源している。
この皿の高台内には、「大明成化年製」の染付銘が施されていが、実際に造られたのは成化年間から一世紀半近くも後のことと考えられる。南京赤絵には、こうした偽銘をもつものが少なくない。
お探しの画像が、一括資料、連作の可能性がある場合、個別の作品名称で出ないことがあります。台帳番号で改めて検索を行うと作品の全画像が出ます。