■収蔵品情報
手鑑「藻塩草」(242葉)
拡大

写真番号:236-5483
カラー種別:カラー
その他の画像

作品名 手鑑「藻塩草」(242葉)
指定 国宝
作者
日本
時代 奈良~室町
世紀 8世紀
西暦
種類 書跡(B)
形式 1帖
材料 両面折貼装
寸法 縦40cm  横35cm 
賛者
所蔵者 京都国立博物館
寄贈者
銘文/印章等
台帳番号 B甲414
解説文 手鑑は経巻や歌書・消息などの巻子本や冊子装からその一部を切り取って収集し、帖に編集したもので、古筆切の筆者の定め方、古筆の種類や、その配列の次第などから古筆鑑賞の推移をうかがうことができる。
この手鑑は奈良時代から室町時代までの242葉のすぐれた古筆切を収めたもので、江戸時代を通じて筆跡鑑定の中心的存在となっていた古筆家の台帖として代々伝わった由緒深いものである。
図版のうち室町切は西本願寺本三十六人家集の1本である人麿集下の断簡で、他に1葉現存するのみ。次の岡寺切も同集のうち源順集の断簡で類品は少ない。いずれもこの手鑑中、12世紀初頭の「かな」の優品である。
お探しの画像が、一括資料、連作の可能性がある場合、個別の作品名称で出ないことがあります。台帳番号で改めて検索を行うと作品の全画像が出ます。