■収蔵品情報
波文縁鏡(2分)(内区なし)
拡大

写真番号:359-8692-3
カラー種別:カラー
その他の画像

作品名 波文縁鏡(2分)(内区なし)
指定
作者
日本
時代 古墳
世紀 4世紀
西暦
種類 考古(J)
形式 1面分
材料
寸法 経8.8cm 
賛者
所蔵者 京都国立博物館
寄贈者
銘文/印章等
台帳番号 J甲288-5
解説文 日本に朝鮮半島や中国から鏡が伝わったのは弥生時代のことであった。人の姿をそのままにうつすことを知った古代人の驚きはいかばかりであったろう。弥生~古墳時代にかけて鏡は神事における重要な祭器となった。
一般に鏡面(うつる面)はゆるい凸面で、水銀でていねいに磨かれる。背面にはいろいろな文様が表され、中央にひもを通すつまみ(鈕)がつけられる。
お探しの画像が、一括資料、連作の可能性がある場合、個別の作品名称で出ないことがあります。台帳番号で改めて検索を行うと作品の全画像が出ます。