■収蔵品情報
木瓜三引両紋散花蒔絵阿古陀香炉
拡大

写真番号:365-9062
カラー種別:カラー
その他の画像

作品名 木瓜三引両紋散花蒔絵阿古陀香炉
指定
作者
日本
時代 江戸
世紀 17世紀
西暦
種類 漆工(H)
形式 1口
材料
寸法 径10.6cm  総高8.0cm 
賛者
所蔵者 京都国立博物館
寄贈者 田村伎都子
銘文/印章等
台帳番号 H甲92-34
解説文 六葉形の姿が阿古陀瓜(あこだうり)に似ているところから、「阿古陀香炉」と呼ばれる香炉である。香道では「火取香炉(ひとりごうろ)」と呼び、火の起きた香炭団(たどん)を香席へ運ぶための香炉として使用するが、もとは平安時代の貴族が部屋や衣服に香を薫きしめる際に用いた香炉の形式である。通常、金属製の網の火屋(ほや)を乗せる。本作品も籠目の透かし彫りを施した金銅製火屋を備える。本体は木製で、口に金銅製の覆輪をつけて火屋を受ける。本作品の場合、黒色漆を塗った上に金平目地を作り、その上に焼金、青金の粉による平蒔絵と、金銀の薄板を切った金貝によって、木瓜に三つ引紋を表している。内部や底はより疎らな平目地で無文。木瓜紋のみの意匠であるが、金属の種類や蒔絵技法を変え、紋の向きを違え、ランダムに配置しているので、単調でない楽しい文様を作っている。
お探しの画像が、一括資料、連作の可能性がある場合、個別の作品名称で出ないことがあります。台帳番号で改めて検索を行うと作品の全画像が出ます。